忍者ブログ

*栗色しょこらのタルト*

ナルルやプルトなど、ワーネバのまとめブログ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【俺屍】不知火尊の名に誓え(3)

不知火家は14代目になり、これまでの間に様々なことがありました。
牡丹は稲荷ノ小次郎様との間にあやめという女の子を残し、牡丹が亡くなるとあやめが10代目当主になりました。



槍使いの家系で、二つ扇ノ前様を母親に持つほたる。
誰かを好きになるのが怖いのは、その人とずっと一緒にいることができないからかな、と思います。
自分の方が先に死ぬのが分かっているからこそ、恋をするのも怖いんだろうなぁ、と思いました。

拍手

力をつけてきた不知火家の一族は、迷宮の奥の方にいるボスたちも倒せるようになってきました。



崇良親王は、1029年2月に倒して解放しました。



片羽のお業は初めて倒したのが1027年1月、解放したのが1029年4月でした。



九尾吊りお紺は初めて倒したのが1026年1月、解放したのが1029年6月でした。
あやめは鳴神小太郎様との間に響(ひびき)という男の子を残し、ボスを倒すときに活躍してくれました。



あやめは1029年7月に亡くなると、氏神になり、「不知火御珠姫」として奉られることになりました。
頼もしい子どもがいるので、安心してご先祖様のところに行けたんじゃないかな、と思います。

その後は響が11代目当主になりました。
大江ノ捨丸、氷ノ皇子、太刀風五郎、雷電五郎、赤猫お夏の討伐に隊長として参加し、二ツ髪も倒しました。



氷ノ皇子は、体力を減らすまでは何もしないことも結構あるのでそんなに手ごわくないような気がします。
ボスと戦うときは壊し屋がいると心強いかな、と思います。
弓使いも攻撃力が高いので、後方から援護射撃をしてくれて助かります。



剣士の家系の清正は、孔雀院明美様の子どもです。悪癖が「鼻毛抜き」って…!
色白で綺麗な顔をしているのに、いろいろと台無しだなぁ(ノ∀`)



ほたるとやたノ黒蠅様の間に生まれた佑都。肌や髪の色が母親にそっくりです。
一族思いの優しい子だなぁ、と思いました。



先にあの世に行っている人に持っていきたいから、「包んでくれ」と頼んでいるのでしょうか。
清正は万珠院紅子様と交神し、深雪という可愛い女の子を残してくれました。

響は敦賀ノ真名姫と交神の儀を行い、神楽という女の子が生まれました。響も、1030年9月に亡くなりました。



本当にたくさん活躍してくれた響。数々のボスに堂々と挑んでいけたのも、彼がいたからでした。
もう鬼とは戦わなくていいから、ゆっくり休んでほしいな、と思います。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント

[05/03 まろんしょこら]
[05/01 ゆっこ]
[02/06 まろんしょこら]
[02/06 ゆっこ]
[10/28 まろんしょこら]

プロフィール

HN:
まろんしょこら
性別:
女性
自己紹介:
プルトから始まりオルルド、ナルル、ククリアと遊んでいるネバラー。俺屍も始めちゃいました。

カウンター

ランキング

アクセス解析

伝道師認定証

Copyright ©  -- *栗色しょこらのタルト* --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]