忍者ブログ

*栗色しょこらのタルト*

ナルルやプルトなど、ワーネバのまとめブログ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【俺屍】不知火尊の名に誓え(4)

 

響が亡くなると、神楽が12代目当主になりました。
神楽の代では1030年11月に七ツ髪を倒して、1031年6月に大江ノ捨丸を解放することができました。

拍手





この頃、赤猫お夏と戦っているときに倒されてしまった子がいて、母親が反魂の儀を申し出てくれました。
千夏は佑都と地蔵堂円子様の間に生まれた子です。
天馬は、千夏と赤羽根天神様との間に生まれました。

申し訳ないな、と思いながらも千夏の申し出を受け、水色だった天馬の髪は母親と同じ緑色になり、母親の分まで生きるように長生きをしてくれました。

神楽は稲荷ノ狐次郎様と交神し、剛(つよし)という男の子を残しました。
1032年5月に六ツ髪、7月に四ツ髪を倒しました。
同じ年の2月に太刀風五郎、雷電五郎を解放し、9月には赤猫お夏を解放しました。





五郎さんたちは、きちんと回復さえしていれば勝てるかな?と思います。
赤猫お夏は体力を減らしても回復してしまうので、風祭りで技の風を上げてからくららを唱えて眠らせていました。

これぐらいの時期になるとボスと戦うのも怖くなくなってきて、髪にもどんどん挑みました。
交神しているのは大体10000~20000点の神様で、一族の体力は600前後とそんなに高くなかったのですが、何とか勝てました。





五郎さんたちを解放したときに、昼子さんからお手紙をもらいました\(^o^)/



美緒から数えて5代目になる、弓使いの凌牙。
かっこいいのに、趣味が下ネタとか残念な子です…(ノ∀`)

剛は片羽ノお業様と交神し、女の子と男の子の双子のきょうだいが生まれました。
姉は梨花、弟は元近と付けました。
職業をどうするか悩んで、踊り屋は女の子の方が可愛いと思ったのですが、梨花を薙刀士に、元近を踊り屋にしました。





髪や肌の色が同じだと、雰囲気も似ていますね。
この子たちが生まれた1032年12月に氷ノ皇子を解放して、1033年2月に三ツ髪を倒しました。



黄川人に自分の血を与えて育て、「私の息子」と呼んでいる氷ノ皇子。
今の黄川人を見ていると、彼も複雑な気持ちになるのではないでしょうか。



髪を倒す前に、いろいろと語りかけてくる黄川人。
まるでおとぎ話でも話すように彼が喋っているのは、他でもない黄川人自身のこと。

迷宮の奥にいるボスを解放し、髪も倒せるようになってきた不知火一族。
以前、黄川人が招待してくれると言った「庭」に行けるようになるまで、それほど時間はかからないはずです。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[05/03 まろんしょこら]
[05/01 ゆっこ]
[02/06 まろんしょこら]
[02/06 ゆっこ]
[10/28 まろんしょこら]

プロフィール

HN:
まろんしょこら
性別:
女性
自己紹介:
プルトから始まりオルルド、ナルル、ククリアと遊んでいるネバラー。俺屍も始めちゃいました。

カウンター

ランキング

アクセス解析

伝道師認定証

Copyright ©  -- *栗色しょこらのタルト* --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]